「友広院長の健康コラム」vol.13 ~「ドローインの魔法」~

すっかり、秋も深まって紅葉の季節になりましたね!

 

みなさん、紅葉はみられましたでしょうか。

 

 

少し間が空いてしまいましたが、今回は、前回のコラム「姿勢と健」の続きにになります。

 

前回お話した、天然コルセットを働かせる魔法の言葉‘ドローイン’の実践編になります。

 

ドローインは簡単に言うと、お腹を引っ込める体操なのですが、これを効果的に続けることで、多くの利点が生み出されます。

 

もう一つ、お腹を引っ込める体操に、ブレーシングという物をあるのですが、これはまたの機会にお話ししましょう。

 

 

まず、ドローインを行う上で必要なのは、骨盤を立てることにあります。

 

座った状態で、まず骨盤を前に行ける所まで倒す、その後、逆に後に行ける所まで倒す。

 

そして、その中間位置を覚えて、その位置をキープするようにします。

 

その状態で、昔履いていたウエストの細いジーンズを履く時を思い出して頂き、下っ腹を引っ込めます。

 

これがドローイン(引っ込める)の意味する所になります。

 

 

このドローイン、実は立っていても、座っていても、歩いていても大変効果的です。実はこのドローインを行っている状態そのものが 人間が一番安定している状態だと言われています。

 

さすがに一日中行っているのは難しいので、もちろん疲れたら力を抜いてお腹をゆるめても構いません。

 

でも、気づいたらまたドローインを行い、そして疲れたらまた休む、これを繰り返しながら一日1秒でも10秒でも長く、ドローインを行っている状態を作ればOKです。

 

よく私のクリニックでも様々な体操をお教えするのですが、みなさんお忙しいので中々実行までたどりつきませんでした。

 

このドローインはいつでもどこでもできますので、忙しくてできませんでしたという言い訳は、全く通用しませんね。

 

aa018bd595bcb948557407bfd918afd1_s

 

ドローインの魔法を使って、美しい姿勢で正しく呼吸を行い、自律神経を整えていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です